WEBデザイナーの転職面接で高評価を得る方法

WEB関連の職種は数多くありますが、その中でも最もクリエイター色が強いとされているのがWEBデザイナーです。そのためWEBデザイナーとして活動してきた人が、これから転職活動を始めるにあたり高評価を受けるためには、WEBデザイナーとして培ってきたセンスや能力、キャリアを活かせる企業や事業形態をきちんと調べることが非常に重要となります。

 

WEBデザイナーの転職のためのポイント

そこでWEBデザイナーが転職活動で成功させるために必要なポイントをきちんと押さえて、計画的に活動していくことが何より重要です。まず転職を希望し始めたなら、なぜ転職をするべきなのか自分に問いかけるためにも書き出しをしてみることをおすすめします。

目的を明確化させることにより転職先選びの軸を作ることが出来ますし、目的が複数ある場合も優先順位をつけることで企業探しに役立つのでおすすめです。

WEBデザイナーはビジュアル表現が非常に得意な職種ですが、倫理的に思考したり意識を言語化することを不得意としている人は少なくありません。そのため上に書き出してみることで、自分の思考を上手く整理することが出来ます。

転職目的を考える際には労働条件視点やクリエイター視点、キャリア視点の3つのポイントに絞ることが大切です。

 

ポートフォリオは超重要!

実際に転職活動を進めるにあたって、企業側が一番求めているのが実践力があり、高い能力を持っているかという部分です。自分の能力を相手に示す方法として一番用いられているのが、今まで活動してきた中で積み上げてきた実績を経歴書で示すだけではなく、ポートフォリオの提出も重要視されています。

クリエイターとしての能力は大半がポートフォリオから読み取られているため、自分の名刺代わりとなるポートフォリオ作りは時間をかけてじっくり行うことが重要です。雑に作ってしまったポートフォリオは企業側でもスキルの低さや、雑な仕事をする者として判断されてしまうので、求職者を求めている企業や事業内容に合わせて、適切なポートフォリオ作りが出来ることが高評価に繋がります。

転職エージェントでもポートフォリオや職務経歴書の作り方を0から教えてくれるので、よりレベルが高いものを作りたい方は転職エージェントを利用すると良いと思います。求人もそちらの方がよいものに巡り会える可能性が高いです。転職エージェントを選ぶときは「ワタシの転職エージェント」などの体験談サイトが参考になると思います。

WEB関連の仕事を行っている企業の多くは、色々な人間が関わり合って一つの物を作り出しているため、個人としての能力の高さだけではなく、周りと協調していくことが出来るコミュニケーション能力も求められます。

そのため転職活動の上で面接も非常に重要な要素です。転職先の企業ではどのような仕事を行いたいか、今まで培ってきたスキルでどのようなことが出来るのかなどを、相手にアピールすることが出来る人間は高く評価されますし、企業自体の情報収集もきちんと行えているかもチェックされているポイントの一つです。